カンジダの感染経路や症状、治療法

カンジダの感染経路や症状、治療法

性病の1つにカンジダ膣炎があります。このカンジダですが、実は性病とは言われていても、性行為のみが感染経路ではありません。カンジダの感染経路や症状などを詳しく知っておくことで、余計なトラブルを回避できるでしょう。

 

カンジダの感染経路って?

 

カンジダとは真菌に感染することで発症する疾患になります。真菌とはカビのことなのですが、実はカンジダの原因菌は常在菌なのです。常在菌とは人間の身体に住み着いている菌のことで、カンジダ以外にも沢山のものがあります。

 

もともと病原性も低く、人間の身体と共存している関係にあるのですが、免疫機能が低下するなどにより、カンジダを発症するケースもあるのです。所謂、「日和見(ひよりみ)感染」と呼ばれる症状です。

 

正確に言えば、カンジダは性感染症ではないのですが、一般的には性病の1つだと思われている疾患だと言えます。ちなみに免疫機能が低下する原因としては、風邪、慢性的なストレス、寝不足、疲労などが代表的です。

 

また、女性の場合は月経前などでホルモンバランスの変化によって発症することもあります。ただし、性病と思われているようにカンジダを発症している人との性行為を行うことで感染する可能性はあるので覚えておきましょう。

 

カンジダの症状はどんなものがあるの?

 

カンジダと言うと女性がかかる病気というイメージを抱く男性も多いのですが、実は男性でも罹患する疾患です。女性の場合、症状として多いのが外陰部の痒みでしょう。非常に強い痒みに襲われることもあり、爪で性器を傷つけてしまうこともあります。

 

他にもオリモノが増えてしまったり、性交時に痛みが出ることもあるそうです。外陰部が炎症を起こすケースもあり、強い痛みを伴うこともあるので、異変を感じたら検査を行うようにしてください。男性の場合の症状も良くにたもので、男性器に強い痒みを覚えるようです。

 

また、尿道口から塊状のオリモノのよるものが分泌されることがありますが、女性と比較すると自覚症状に乏しいのが特徴でしょう。稀に尿道炎などを起こすこともあるので、こちらも違和感を感じたら検査から始めることをオススメします。

 

カンジダの治療方法はどんなものがあるの?

 

カンジダの治療方法としては、免疫力をあげるためのビタミン剤の服用や、抗真菌薬の入った軟膏などを使うのが一般的です。また、性器周辺を清潔にすることを心がけ、できるだけ通気性の良い下着を着用するようにしてください。

 

女性の場合は膣洗浄を行うケースもあるそうですが、あまり過剰に行ってしまいますと、膣内を清潔に保つための乳酸菌まで洗い流してしまうので注意しましょう。

性病治療