性病の母子感染

性病の母子感染

性病の中で怖いのが母子感染です。母子感染とはお母さんから赤ちゃんへと、何らかのウイルスや細菌が感染することを指しています。一般的には妊娠する前や妊娠中に性病に罹ることで、お腹の中の赤ちゃんへと感染すると想像する人も少なくありません。しかし、実は母子感染といってもいくつかの感染方法があるのです。

 

母子感染の感染経路と感染時期の違いを知ろう

 

妊婦

母子感染は大きく分けると3つに分類されます。それは胎内感染、産道感染、母乳感染の3つなのですが、それぞれに解説していきましょう。胎内感染とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で育っている時に感染するものです。妊娠中に赤ちゃんが感染することにより、異常発達を起こしてしまう可能性があります

 

産道感染とは分娩が始まり、赤ちゃんが産道をとおる時に感染するタイプで、母乳感染は赤ちゃんが母乳を吸うことで感染するタイプです。いずれの場合にしても、赤ちゃんが母子感染によって良い影響を受けることはありません。

 

妊婦さんになると妊婦健康診査が行われますので、その中で感染症にかかっていないのか検査されることもあります。ですので、甘く見るのではなくしっかりと受診してください。

 

母子感染で性病にかかるとどんな症状が出るの?

 

性病の母子感染を起こした場合の代表的な症状としては死産であったり、流産などが起こるリスクが高まります。また、先述したように赤ちゃんが異常な発達をしてしまい、先天的な障害を持って生まれることもあるのです。

 

他にも感染する性病によっては肝臓の機能障害を起こすこともあり、命にかかわることも少なくありません。非常に危険な症状を発することも多いので、近年では母体の検査が欠かせなくなっています

 

母子感染のリスクを避けるにはどうすればいい?

 

では、どのようにすれば母子感染のリスクを避けられるのでしょうか。最も確実な方法としては、妊娠を行う前にきちんと性病検査を受けることです。勿論、女性だけではなくパートナーとなる男性も受けるようにしてください。

 

どちらかが性病に罹患している場合、パートナーにも感染する確率が高いからです。性病の中には罹患していても無自覚なケースも多く、特に女性の場合は自覚症状に乏しい病気も少なくありません。

 

また、性病とは性行為のみで感染するのではなく、公衆浴場などから間接的に感染するケースもあります。つまり、自分たちの身に覚えがなくても性病には感染するリスクがあるのです。

 

ですので、母子感染のリスクを避けたいのなら、必ず性病検査を受けましょう。性病の検査としては病院や保健所、性病検査キットなどが代表的です。

性病治療